コラム

法定相続人と法定相続分

1 法定相続人と法定相続分とは

 

 相続が起こった場合に,遺言書で遺産を承継する人が指定されていない場合(遺産の一部の承継先が指定されていない場合を含みます。以下同様です。)には,民法に定められている相続人(法定相続人といいます。)と法定相続分という決まりに従って,遺産が相続人に相続されます。そこで,法定相続人と法定相続分に関する決まりを知っておくことが重要です。

 

 法定相続人になりうる者としては,配偶者(民法890条)や子(同法887条1項),親(同法889条1項1号),兄弟姉妹(同項2号)などの親族が定められています。そして,このうち誰が相続人となるのかについての順位があります。

 

 また,この順位に従って誰が相続人となるのかにより,相続人それぞれが相続できる遺産に対する割合があります。この割合のことを,法定相続分といいます。以下の表をご覧ください。

 

 

相続人の組み合わせ

法定相続分

配偶者のみの場合

すべての遺産

配偶者と子(第1順位)の場合

配偶者が1/2 子が1/2

配偶者と親(第2順位)の場合

配偶者が2/3 親が1/3

配偶者と兄弟姉妹(第3順位)の場合

配偶者が3/4 兄弟姉妹が1/4

 

 

2 法定相続人の順位と法定相続分

 

 (1) 配偶者は,常に相続人となります。

 

 配偶者がいる場合には,表のとおり,配偶者はどの組み合わせであっても,常に相続人となります(同法890条)。そして,相続人が配偶者のみである場合には,配偶者は遺産のすべてを相続します。

 

 

 (2) 子は,第1順位の法定相続人です。

 

 子は,配偶者以外の法定相続人の中で最も優先される法定相続人です(同法887条1項)。したがって,亡くなった方(被相続人といいます。)に配偶者がおらず,子がいる場合には,子のみが相続人となり,すべての遺産を相続します。

 

 一方,配偶者と子がいる場合には,配偶者は常に相続人になりますから,配偶者と子が相続人となります。そして,表のとおり,それぞれの法定相続分は,2分の1ずつとなります(同法900条1号)。なお,子が2人いるのであれば,2分の1の遺産を子2人で分けるため,子1人当たりの法定相続分は4分の1となります。

 

また,子がいなかったとしても,相続が起こったときに孫がいる場合には,孫が子の代わりに第1順位の法定相続人となります(同法887条2項)。また,同じように,孫がいなかったとしても,曾孫がいる場合には,曾孫が孫の代わりに第1順位の相続人となります(同条3項)。

 

 

 (3) 親は,第2順位の法定相続人です。

 

 親は,子(孫等)に次いで,第2順位の法定相続人です(同法889条1項1号)。また,親が被相続人より先に亡くなっているが,被相続人の祖父母がいる場合には,祖父母が第2順位の法定相続人となります。そして,子がいないために親が相続人となり,かつ配偶者がいる場合の法定相続分は,表のとおり,配偶者が3分の2,親が3分の1となります(同法900条2号)。なお,父母が双方いる場合には,3分の1の遺産を親2人で分けるため,法定相続分はそれぞれ6分の1ずつとなります。

 

 

 (4) 兄弟姉妹は,第3順位の法定相続人です。

 

 最後に,兄弟姉妹は第3順位の法定相続人となります(同法889条1項1号)。したがって,子(孫等)と親(祖父母)などの第1順位と第2順位の法定相続人がいないことによって,兄弟姉妹が相続人となり,かつ配偶者がいる場合の法定相続分は,表のとおり,配偶者が4分の3,兄弟姉妹が4分の1となります。なお,兄弟姉妹が2人いるのであれば,4分の1の遺産を2人で分けるため,兄弟姉妹1人当たりの法定相続分は8分の1となります。

 

 

3 法定相続人と法定相続分は,遺産分割の基本です。

 

 以上のように,遺言書がない場合には,民法の決まりに従って相続人と法定相続分が決まります。そして,法定相続人と法定相続分の決まりは,原則としてこれを基準に相続人の間での遺産分割の話し合い(遺産分割協議といいます。)が進められます。ですから,法定相続人と法定相続分は,遺産分割協議を進めるためにはとても重要な知識となりますので,是非とも押さえておきましょう。

その他のコラム

  • 相続財産調査とは

    1 はじめに  相続が起こり,相続人が複数いるにもかかわらず,遺言書で全ての遺産の承継先が定められていない場合 […]

    詳しく見る
  • 相続人調査とは

    1 はじめに  相続が起こり,相続人が複数いるにもかかわらず,遺言書で全ての遺産の分け方が定められていない場合 […]

    詳しく見る