コラム

遺言によってできること(後編)

<2017年12月15日(金)掲載「遺言によってできること」(前編)続き>

 

2. 遺産相続以外の財産処分に関すること

2-1 第三者への遺贈

 被相続人が法定相続人以外の方に遺産を与えたいと考えている場合には、遺言書で、その方に遺産を遺贈するという方法があります。たとえば、法定相続人ではないけれども、一番かわいがっている遠い親戚などに遺産を与えたいという場合や、高齢となった自分の身の回りの世話をしてくれたホームヘルパーの方に遺産を譲りたいという場合です。

 

 ただし、兄弟姉妹以外の法定相続人がいる場合には、彼らの遺留分を奪う割合の遺贈は、遺留分減殺請求されてしまう可能性があることに注意してください。

 

2-2. 一般財団法人の設立

 遺言により、一般財団法人を設立することができます。たとえば、美術館を運営する一般財団法人を設立する場合などです。

 

 遺言書に一般財団法人の設立が定められている場合には、遺言の内容を実現するために指定される遺言執行者や設立時の理事などが、設立に必要な手続きを行います。

 

2-3 信託の設定

 遺産を信託銀行や信頼できる家族などに管理・運用してもらうため(この管理・運用する者を受託者といいます。)、信託法という法律に基づき、遺産を信託財産と呼ばれる財産にすることができます。そして、その信託財産の管理・運用から得られる利益を、遺言者が指定する方(受益者といいます。)に与える信託という仕組みを利用することができます。ただし、信託の設定は、非常に専門的な内容であるため、専門家に依頼することが必要でしょう。信頼できる家族などに遺産を託したいとお考えの場合には、家族信託と呼ばれる信託の設定が可能ですから、弁護士にご相談ください。

 

3. 身分関係に関すること

3-1 認知

 被相続人に、法律上の婚姻関係にない相手との間に子がいる場合には、遺言書の中でその子を自分の子であることを認めること(これを認知といいます。)ができます。遺言によって認知することにより、その子は相続人となりますから、遺産を相続させることができるようになります。ただし、相続が起こったとき(要するに被相続人が死亡したとき)に、子が胎児であるか、あるいは成人である場合には、母の同意や本人の同意が必要となることに注意が必要です。

 

3-2 未成年後見人の指定・未成年後見監督人の指定

 被相続人の子が未成年であり、被相続人の死亡によってその子の親権者がいなくなってしまうことが予想される場合には(被相続人の配偶者も既に死亡しているなど)、遺言書で第三者を未成年後見人として指定することによって、未成年の子の身上看護と財産管理を委ねることができます。

 

 また、未成年後見人による不正行為により、未成年の子の福祉に支障が生じないように、未成年後見人を監視するための未成年後見監督人を指定することもできます。

 

4. 遺言の執行に関すること

4-1 遺言執行者の指定

 相続によって、たとえば被相続人の名義から、相続人や受遺者の名義へ、預貯金の口座名義などの名義変更が必要となる場合には、そのための手続きをする必要があります。しかし、預貯金の名義変更などの手続きには、共同相続人全員に係る書類を集める必要があるなど、煩雑な作業が多く、非常に大変です。そこで、被相続人は、このような手続きを行ってくれる者、つまり遺言書の内容を実現してくれる者を、遺言書の中で指定することができます(遺言執行者といいます。)。遺産を相続する相続人の負担を軽減するためには、弁護士を遺言執行者に指定しておくと、手続きがスムーズに進みますから、遺言書を作成する際には、弁護士にご相談ください。

その他のコラム

  • 「相続人が一人もいない場合,死後,私の財産はどうなるのでしょうか。」

    事例   私は,一度も結婚したことがありませんが,長年連れ添った内縁の妻がいます。父母や祖父母は既に亡くなって […]

    詳しく見る
  • 特別受益について

    1 はじめに  遺産を複数の相続人が相続する場合には,原則として民法に定められた法定相続分に従って遺産が相続さ […]

    詳しく見る
  • 【よくある質問】認知をしていない愛人の子は相続人になれるのでしょうか。

    【設例】  私は,現在,未成年の子どもと二人暮らしをしております。子どもはある男性との間にできた子なのですが, […]

    詳しく見る
  • 遺留分減殺請求について(後編)

     遺留分減殺請求について(前編)に続き,後編では,(1)遺留分減殺請求の順序,(2)遺留分減殺請求の方法,(3 […]

    詳しく見る
  • 遺留分減殺請求について(前編)

    1 はじめに  遺留分減殺請求とは,一定の相続人に保障されている一定割合の相続財産を受け取る権利である遺留分( […]

    詳しく見る
  • 【よくある相談】離婚して別れた妻の子供でも,相続権はあるのでしょうか。

    【設例】  私は5年前に元妻と離婚するとともに,当時生まれたばかりの息子の親権を元妻に譲り,それ以来,元妻と息 […]

    詳しく見る
  • 熟慮期間とは

    1 はじめに  相続には,プラスの財産(積極財産)だけではなく,マイナスの財産(消極財産),つまり借入金などの […]

    詳しく見る
  • 【よくある相談】再婚した妻の連れ子には,相続権があるのでしょうか。

    【設例】  私には,現在,家族として妻,息子及び娘がおります。私は初婚でしたが,妻は再婚であり,息子は妻の連れ […]

    詳しく見る
  • 相続放棄とは

    1 はじめに  相続には,プラスの財産(積極財産)だけではなく,マイナスの財産(消極財産),つまり借入金などの […]

    詳しく見る
  • 【よくある相談】養子は相続人になれるのでしょうか。

    【設例】  私は先日古希(70歳)を迎えましたが,2年前に患った病気の影響で余命はそれほど長くないと医師から宣 […]

    詳しく見る
  • 限定承認とは

    1 はじめに  相続では,プラスの財産(積極財産)だけではなく,マイナスの財産(消極財産),つまり借入金などの […]

    詳しく見る
  • 【よくある質問】音信不通の相続人がいる場合,どうしたらよいでしょうか。

    Q(相談内容)  1か月前に父が亡くなりました。父は遺言書を残していませんでした。相続人全員で遺産分割協議を行 […]

    詳しく見る
  • 相続財産調査とは

    1 はじめに  相続が起こり,相続人が複数いるにもかかわらず,遺言書で全ての遺産の承継先が定められていない場合 […]

    詳しく見る
  • 【よくある質問】お腹の中の赤ちゃん(胎児)や未成年者は相続人になれるのでしょうか。

    【設例】  私には夫と5歳の長男がいます。最近,第2子の妊娠も分かりました。しかし,夫が不慮の事故に巻き込まれ […]

    詳しく見る
  • 相続人調査とは

    1 はじめに  相続が起こり,相続人が複数いるにもかかわらず,遺言書で全ての遺産の分け方が定められていない場合 […]

    詳しく見る
  • 【よくある相談】相続人の中に認知症の人がいる場合,どうすればよいでしょうか。

    【設例】  母に先立たれ,近年一人暮らしをしていた父が亡くなりました。父は資産家でしたので,多くの遺産がありま […]

    詳しく見る
  • 遺産分割調停,審判について

    1 はじめに  家庭裁判所での手続きを要せずに遺産分割を行うためには,協議分割,すなわち遺産分割協議という相続 […]

    詳しく見る
  • 【よくある相談】孫に遺産を引き継がせたい場合,どうすればよいでしょうか。

    【設例】  私は現在,孫と一緒に暮らしています。妻に先立たれ,家族は息子夫婦と孫だけです。息子夫婦は仕事の関係 […]

    詳しく見る
  • 遺産分割の方法,遺産分割協議の進め方

    1 はじめに    相続が起こり,相続人が複数いるにもかかわらず,遺言書で全ての遺産の分け方が定めら […]

    詳しく見る
  • 【よくある相談】亡くなった人(被相続人)が認知症になった後に作成した遺言は,有効なのでしょうか。

    【設例】  先月,87歳の母が亡くなりました。母は80歳を過ぎた頃から認知症の症状が出始め,実家で母と同居して […]

    詳しく見る
  • 遺産分割の参加者と法定相続分について

    1 はじめに    相続が起こり,相続人が複数であるにもかかわらず,遺言書で全ての遺産の分け方が定め […]

    詳しく見る
  • 【よくある相談】「母の遺産を兄が独り占めしようとしています。どうすればよいでしょうか。」

    【事例】  私の父は,5年前に亡くなり,その際,母が父の全ての遺産を相続しました。  父が亡くなった直後,母が […]

    詳しく見る
  • 遺産分割が必要になる場合,遺産分割の対象

    1 はじめに  相続が起こり,相続人が複数であるにもかかわらず,遺言書で全ての遺産の分け方が定められていない場 […]

    詳しく見る
  • 【よくある相談】認知症の母に書かせた遺言書は無効ではないのでしょうか。

    【設例】  私には母と兄がおり,母と兄は実家で同居していました。先日母が亡くなったのですが,母は遺言書を残して […]

    詳しく見る
  • 相続手続きの流れ(遺言書がない場合)

    1 相続人調査  遺言書がない場合(遺言書があったとしても,個々の遺産を誰に承継させるのかについて,遺産の一部 […]

    詳しく見る
  • 相続手続きの流れ(遺言書がある場合)

    1 遺言書の有無により,手続きの流れが異なります。   相続手続きの流れは,被相続人が遺言書を遺したかどうかに […]

    詳しく見る
  • 【よくある相談】遺言書を発見したら,どうすればよいでしょうか。

    【設例】  父に先立たれた後,実家で一人暮らしをしていた母が亡くなりました。長男である私は,仕事の合間に帰省し […]

    詳しく見る
  • 法定相続人と法定相続分

    1 法定相続人と法定相続分とは    相続が起こった場合に,遺言書で遺産を承継する人が指定されていな […]

    詳しく見る
  • 【よくある相談】パソコンで書かれている遺言書は有効でしょうか。

    【設例】  数日前に父が亡くなり,私と兄で父の遺品整理をしていたところ,「遺言書」と書かれた封筒が見つかりまし […]

    詳しく見る
  • 相続とは

    1 相続とは    相続とは,亡くなった方の権利や義務を,相続人と呼ばれる一定の親族に引き継がせるこ […]

    詳しく見る
  • 【よくある相談】 遺言書は何歳から書けるのでしょうか。

    【設例】   私は17歳の高校生ですが,昨年交通事故で母を亡くし,母の遺産を相続しました。父は,私が重い病気を […]

    詳しく見る
  • 遺言を撤回・修正する方法

     いったん遺言書を作成したとしても、相続が起こるまでに長い時間がかかる場合も多く、その間に事情が変わったことな […]

    詳しく見る
  • 公正証書遺言のススメ

     公正証書遺言を作成する方が増えています。日本公証人連合会によれば、平成28年に作成された公正証書遺言は、10 […]

    詳しく見る
  • 自筆証書遺言作成時の留意点

     遺言書は、その記載内容の実現を法律が保障するものですから、法律に定める方式に従って作成されなければなりません […]

    詳しく見る
  • 遺言によってできること(前編)

     遺言書に記載したことは、法的に実現できなければ意味がありません。そして、遺言によって法的に実現できる内容は、 […]

    詳しく見る
  • 遺言書を書くことによるメリット

     団塊の世代が75歳を超える後期高齢者となることによって、さまざまな問題が生じることが指摘されている、いわゆる […]

    詳しく見る