遺言とは(遺言書の種類)

遺言書とは(遺言書の種類)

 普通方式の遺言書には、自筆証書遺言、公正証書遺言、及び秘密証書遺言の3種類があります。

1. 自筆証書遺言

 自筆証書遺言とは、遺言者本人がその全文、日付、及び氏名を自書し、押印する方式で作成されるものをいいます。

 自筆証書遺言のメリットは、費用をかけることなく、煩雑な手続きも不要であり、遺言者本人が自書・押印できる状態にさえあれば、いつでも作成することができるという点にあります。また、遺言書を書いたことや、その内容を相続人などに秘密にできるといった点も、メリットとして挙げることができます。最も利用されている遺言方式です。

 これに対して、自筆証書遺言のデメリットとしては、遺言書が隠匿、偽造、あるいは変造されるおそれがあったり、遺言書を書いたことを誰にも知らせていなければ、せっかく書いた遺言書が、遺言者が亡くなった後に発見されないおそれもある点などが挙げられます。また、せっかく遺言書を遺しておいても、法律が定める要式にのっとって作成されていないことが原因で無効となってしまうおそれもあります。他にも、全文を自書する必要があることから、病気などで字を書くことができない方には利用が困難であること、遺言書の偽造や勝手な書換えなどの可能性を極力少なくするため、家庭裁判所で検認という遺言書の現状を確認するための手続が必要となるため、この手続きが煩雑であるという点もデメリットとして挙げられるでしょう。

2. 公正証書遺言

 公正証書遺言とは、遺言者が公証人及び証人2名の前で遺言の内容を口頭で説明し、その内容に基づいて公証人がこれを正確に筆記する形で作成・保管される遺言方式です。

 公正証書遺言のメリットとしては、まず、公証役場の公証人が手続に関与するなど、法律が要求する一定の手順を踏む必要があるため、遺言書が遺言者以外の者によって作成されたのではないかということが問題となることがないことが挙げられます(したがって、家庭裁判所による検認手続も必要ありません。)。また、自筆証書遺言と異なり、法律が定める要式にのっとっていないという理由などより、遺言が無効となることもありません。さらに、公正証書の原本は公証役場に保管されるので、紛失や偽造、変造のおそれもありません。3種類の遺言方式の中で最も確実な遺言方式であることが、公正証書遺言の最大のメリットであるといえるでしょう。他にも、遺言者が署名することができない場合には、公証人がそのことを記載することによって遺言者の署名に代えることができるので、自筆証書遺言と異なり、字が書けない方でも作成することができます。

 公正証書遺言のデメリットとしては、公証人が手続に関与するため、費用がかかるということです。また、法律に定める手順に従わなければならず、手間と時間がかかります。たとえば、いろいろな必要書類の提出を求められたり、証人となってくれる人が2名必要であり、公証役場で立ち会ってもらう必要があるため、日程調整などに時間がかかる場合があります。

3.秘密証書遺言

 秘密証書遺言は、遺言者が遺言書に署名・押印した上、遺言書に用いたのと同じ印章で封印し、これを公証人に提出して所定の処理をしてもらう方式の遺言です。

 秘密証書遺言のメリットは、まず、遺言書があるということは明らかにしながら、内容を誰にも公開せず秘密にできるという点です。また、遺言者が遺言書を封印したうえで、自分の遺言書であることを公証人に述べる手続きとなっているため、偽造等の危険が少ない方式であるといえるでしょう。また、自筆証書遺言と異なり、自書が必要とされていないので、パソコンによる作成や他人による代筆が可能です(ただし、署名・押印だけは自分でしなければならないことには注意してください。)。

 秘密証書遺言のデメリットとしては、公正証書遺言と同様に、公証人が手続に関与するため、費用や時間がかかるという点です。また、公正証書遺言と異なり、家庭裁判所による検認手続が必要となる点は煩雑ともいえます。他にも、遺言書を自分で保管しなければならないため、紛失のおそれがあったり、公正証書遺言と異なり、公証人が遺言の内容を確認するわけではないので、その内容次第では無効となるおそれがあります。